« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

神保町にて

今日は画伯の個展に行ってきました。毎年行ってたのだけど、昨年多忙で行けず、2年ぶりの再会となりました。近況を報告すると驚かれたけど。

思い起こせば、私をインラインスケートに誘ってくれたのが、当時ニフティのフォーラムのマラソンの仲間だったこの画伯。スケートやってなかったら相方と会ってなかったのかなー。人の縁って不思議だ。

そしてちょっと本屋さんをのぞいてみた。洋書コーナーで、大好きなニック・ホーンビィの本をチェックすると、A Long Way Down という小説の新作が!!早く日本語になってくれないかなー。楽しみがひとつできました。

そして、新しい靴をゲット。サロモンの90mmの4輪。もちろんフィットネス。今週末、履いてみようっと。滑る以前にリュックに収まるか心配だ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

熊谷にて

今日は先週に引き続き、熊谷でランニング。4周だから18kmくらいかな。昼前から風が出てきて、終える頃には結構な強風になっていた。時間もかかったし、珍しく股関節(?)あたりの違和感が出てきて、当日ちょっと不安。もう、本番までこんなに走らないとは思うけど。

あとは相方が滑ってる間、椅子に座ってウトウト。先週はめちゃめちゃ寒かったけど、今日はポカポカ暖かかった。ネットで見たら15℃近くあったみたい。先週は7 ℃だったのに。いつも走った後は眠くて仕方がない。なんでだろ。

東京マラソンの郵便物も届いて、いよいよという感じ。わくわく。

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

ビッグブラザー

zakzakにこんな記事が。ロンドン特派員は見てるだろーなー。(笑)

このジェイドという女性、初めてビッグブラザーに登場したとき、無知とあまりに強烈な個性で英国では“Jadeism”という言葉までできたほど。視聴者の反感を買い「英国で一番の嫌われ者」扱い。ジェイドに似てるというだけで、学校でいじめにあう子もいるほどの社会現象を巻き起こしていたと、UK版ロイターの記事にもなってた。

このビッグブラザーという番組は、10数人の男女が、外部とコンタクトを一切とれない一つの家で過ごし、家の中にセットされたカメラで24時間監視して、それを放送するというもの。で、同居人や視聴者の投票で、毎週脱落者を選び、最後に残った人が高額な賞金を獲得することになっている。まー他人の生活を覗き見する、いわゆる低俗な分類の番組というわけ。クイズミリオネアみたいに各国で人気の番組なんだけど、私にはおもしろさが分からん。

そのジェイドが今ではセレブリティーかぁ。やっぱりバカなとこさらしてたんかなー。ずいぶんキレイになっててビックリしたけど。にしても私って、なんでこんな記事見つけちゃうんだろ。記事が日本語になること自体少ないのに。ホント天才かも。英国が呼んでるのかしら?(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

サンフランシスコサワーブレッド

昨日、映画で東急の本店に行ったついでに、紀ノ国屋で買ってきた。サンフランシスコに行ったこともないので、これがそういう味なんだと信じるしかないのだけど。この酸っぱさは、ライ麦だけじゃないのかなぁ。そういえば『大草原の小さな家』で、小麦をぬるま湯で発酵させたサワー・ドゥの話がでてくるのだけど、今で言う天然酵母みたいなものかなぁ。(勝手な想像)

この酸味のあるパンに、同じく紀ノ国屋で売ってるポークレバーパテを塗って食べるのが好きで、一緒に買ってきた。もちろん、今日の朝食。うまー。久々に、贅沢したわー。

ティアラ展、少しチェック。今日からやってるのはこれ。ヴィクトリア&アルバート博物館でやってたのは、こっち。5年のも前だったのね。目玉も違うし、つながりはなさそう。ティアラなんて、昔1億円のものを頭に載せてもらったことがあるのだけど、この先縁なんてないよなー、絶対。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ヘンダーソン夫人の贈り物

原題はMrs. Henderson Presents。意味は微妙に違う。でも、内容的には合ってるかな。一昨年からこの映画を待ってたのは、日本で私だけ!!って断言できる。(笑)なんてったって、ウィルの映画デビュー作だもんね。

オープニング、主役の2人の名前、監督、タイトルの次にウィルの名前!映画初めてなのに、すごいよなぁ。それに出てきてすぐ、ゲイをほのめかす台詞があったのだけど、思わず「いや、英国民みんな知ってるから。」ってツッコミ入れたくなっちゃったよー。エンドクレジットのBGMもウィルだった。んー、やじうま根性的にも満足!!

で、映画の方はというと、ホントに全部脱いでて驚いた。じゃなくて、ジュディデンチが昨年のアカデミー賞ノミネートされてるのも納得。頭はいいけど、頑固で茶目っ気あって、それにまだ女を忘れていない(笑)おばあちゃまを演じてた。もちろんうまい。何十年か後に、あんなばーさんになれるといいなぁ。周りは迷惑かもしれんが・・・。大人な会話もなかなか楽しめた。

この映画を観に、久しぶりに渋谷に行ったのだけど、まだ私の庭で安心した。同じ文化村で明日からティアラ展が始まるらしいのだけど、何年か前ロンドンのヴィクトリア&アルバート博物館でやってたのが巡回してるのかしらん。

| | コメント (0)
|

かわいー

Child 今日、ヤフーのニュース見てたらこんな写真を発見。かわいー。でも、1才半かぁ。末恐ろしい気も・・・。リンク元

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

渡良瀬マラソン

話は前々から聞いていたけど、本格的なレースだと改めて実感しました。自分は出てないけど。12月末からの渡良瀬の人の集まりからして、何が起こるんだろう、ドキドキみたいな感じだったんですが。

カメラマン要員として、相方から指令があったのでビデオカメラの使い方は前日(↓書いた日)、取説読んで覚えました。でもさ、スタート前にジッポーのカイロは冷たくなるし、強風で三脚のカメラはユラユラ、押さえてても倒れそうになるし、ホント泣きそうでした。一応、相方に指定された場所で、最後までがんばりましたよ。相方がオミットされたシーンもちゃっかり撮っちゃった。もう少しだったのにね。そんな渡良瀬、来週からまた過疎っちゃうんだろーなー。

完走はできなかったけど、相方は泣かなかったし、晩ごはんもたくさん食べてたので大丈夫だと思います。ちゃんとマリオもやってました。だからまた、がんばると思います。
夕方、マラソンの模様がNHKで放送されたそうですが、我が家は見逃してしましまいた。残念。

さてと、我が家はこれから、にわかに東京マラソンモードになります。
ちょこちょこ撮った写真はこちらに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

テレビ三昧

最近、珍しく連日テレビを見ている。

水曜はマグレブ三都物語という番組。もちろん、チュニジア目当て。マグレブってそういう意味があったんだ。やっぱり、エル・ジェムや内陸の方にいつか行ってみたいなー。屋台の料理もおいしそう。チュニジアはあんまりお腹の心配しなくて食べられるところだし、トライしたいな。

で、木曜はアラスカ 星のような物語。大好きな写真家:星野道夫の特集番組だった。エッセイで撮影の大変さを読んだことがあるけど、映像からもよくわかる。奥さんがテレビに出てて、驚いた。そういえば、買った写真(フィルムから焼いたもの)が1枚あるのだけど、飾ってないや。今のアパートじゃ飾るとこないし、次に引っ越したら飾らなきゃ。

昨日は、毎週見ているポチたま。つくづく年末のまさお君の追悼コーナーを見逃したのが悔やまれる。

で、今日はめちゃイケを見るつもり。だって、紅白のときの岡村君見たいから。(笑)

まったり雨の日。相方は何をしてるかというと、DSでマリオやってて、ときどき奇声を発しています。真剣なんだそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

年末年始

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
昨年は、個人的に激動の1年だったのですが、今年は平穏に過ごせるようにしたいと思ってます。まあ、楽しいことで忙しくなるのはいいかな。

ぷーとはいえ、年末になると周りが忙しいものだから、つられてこっちまで忙しくなってしまいました。でも、何してたか思い出せないんだけど・・・。(笑)
そうそう、一時帰国してるロンドン特派員と都内をふらついてたら、チュニジアを特集してる「旅」という雑誌を発見。シディブサイドのお茶を飲んだカフェや、いっぱいいた猫の写真が。ブルーの扉の建物の町、また行きたいなー。

大晦日は紅白を見て、まったり年越し。どこからともなく鐘の音が聞こえてきたけど、近くにお寺なんかないし、なんか不思議。

年が明けて、少しだけど初挑戦のおせちと雑煮(我が家は白味噌)を食べて、おでかけしました。まず、明治神宮に初詣。ちょうど混雑がひどくなり始めた時間だったので、そこそこ並んでお参りできました。待ち時間、DSで遊んでたら、後ろに並んでる子供に「あの人DSやってるよー。」と言われてしまった。きっと、親に咎められたんだろうなぁ。(笑)でも、初詣に来てDSやる不届きものは、私だけではなかったようで、約2人とすれちがい通信できてしまいました。

初詣の後は、相方の実家でご馳走をいただきながら、のんびりしました。うちに着いたら23時前でしたが、いつもの金剛地の声がラジオから流れてて、なんかほっとしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »