« かわいー | トップページ | サンフランシスコサワーブレッド »

ヘンダーソン夫人の贈り物

原題はMrs. Henderson Presents。意味は微妙に違う。でも、内容的には合ってるかな。一昨年からこの映画を待ってたのは、日本で私だけ!!って断言できる。(笑)なんてったって、ウィルの映画デビュー作だもんね。

オープニング、主役の2人の名前、監督、タイトルの次にウィルの名前!映画初めてなのに、すごいよなぁ。それに出てきてすぐ、ゲイをほのめかす台詞があったのだけど、思わず「いや、英国民みんな知ってるから。」ってツッコミ入れたくなっちゃったよー。エンドクレジットのBGMもウィルだった。んー、やじうま根性的にも満足!!

で、映画の方はというと、ホントに全部脱いでて驚いた。じゃなくて、ジュディデンチが昨年のアカデミー賞ノミネートされてるのも納得。頭はいいけど、頑固で茶目っ気あって、それにまだ女を忘れていない(笑)おばあちゃまを演じてた。もちろんうまい。何十年か後に、あんなばーさんになれるといいなぁ。周りは迷惑かもしれんが・・・。大人な会話もなかなか楽しめた。

この映画を観に、久しぶりに渋谷に行ったのだけど、まだ私の庭で安心した。同じ文化村で明日からティアラ展が始まるらしいのだけど、何年か前ロンドンのヴィクトリア&アルバート博物館でやってたのが巡回してるのかしらん。

|
|

« かわいー | トップページ | サンフランシスコサワーブレッド »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« かわいー | トップページ | サンフランシスコサワーブレッド »